糀谷
京浜急行電鉄線 糀谷駅

糀谷商店街

商店街一覧

あの頃と同じ空の下に、幸せは今も飛びつづけていた。

東京の空の玄関口「羽田空港」を利用する人の多くが
通り過ぎる京急空港線の糀谷駅。
京急蒲田から一つ目にあるその駅の改札を出ると
右手に見えてくるのが糀谷商店街だ。
僕が生まれて初めてレコードを買ったのが糀谷商店街。
そのレコード屋はギターも置いていて、
高校生の頃は弦やピックを買いに行った店でもある。
夏休みにはプールへ行く途中、
商店街の甘味処でかき氷を食べたりもした。
すでにレコード屋も甘味処も見当たらないが、
嬉しいことに子供の頃に良く通ったおもちゃ屋は健在だった。
店の名は「青い鳥」。
2階までおもちゃを置いている店舗は、
この近辺ではかなり大きなおもちゃ屋だ。
買えないけれど、友達と一緒によく来た店だ。
青色のトリのマークが今も壁面に輝いている。
商店街は買い物をする人たちで賑わっていた。
肉や魚、野菜などの生鮮食品や洋品店などの物販の店も多くある。
60年、70年と商売を続けている書店や履物店、
八百屋なども元気にシャッターを開けている。
また、昼食に入ったとんかつ屋は去年開店したばかりの店だった。
品物を選ぶ人、店主と立ち話をする人、
通りは人々の活気に満ちている。
新旧の店舗が入り混じる糀谷商店街は
今でも地域の人たちの暮らしをしっかりと支えている。
8月始めのイベント「糀谷阿波踊り」には
踊る阿呆と見る阿呆で通りは一層熱気をおびるんだ、
と書店の主人が話してくれた。
駅への帰り道、青い鳥の看板を仰ぎ見た。
遠い記憶と相まって少し幸せな気持ちになった。
この青い鳥は街に幸せを届け続けているに違いない。

案内人:小林猛樹
写真はこちら

案内人

商店街。ひと、もの、あじ

  • 栄文堂書店

    栄文堂書店

    昭和21年から70年以上続く書店。今は二代目と三代目が店を切り盛りしている。この頃、街の本屋が少なくなっているが、栄文堂は馴染み客はもちろん、近隣にできたマンションに住む住民たちも新しい顧客となって元気に商売をしている。周辺にある学校の教科書の販売やお得意先への外商などができるのは老舗ならではの力だ。二代目は商店街を訪れるお客さんと話すことが何よりも楽しいと優しい笑顔で言った。

    栄文堂書店

    栄文堂書店 栄文堂書店

    昭和21年から70年以上続く書店。今は二代目と三代目が店を切り盛りしている。この頃、街の本屋が少なくなっているが、栄文堂は馴染み客はもちろん、近隣にできたマンションに住む住民たちも新しい顧客となって元気に商売をしている。周辺にある学校の教科書の販売やお得意先への外商などができるのは老舗ならではの力だ。二代目は商店街を訪れるお客さんと話すことが何よりも楽しいと優しい笑顔で言った。

  • おもちゃの青い鳥

    おもちゃの青い鳥

    創業61年のとても大きなおもちゃ屋。1階と2階でおもちゃや文具などを販売している。少子化のためか最盛期に比べて子どもたちで溢れかえる日は少なくなったが、週に1回開催されるトレーディングカードの大会には毎回30人以上の子どもたちが店に集まり賑わいを見せる。小さな子供の知育に役立つ、積み木やブロック、パズルなどの品揃えも豊富だ。

    おもちゃの青い鳥

    おもちゃの青い鳥 おもちゃの青い鳥

    創業61年のとても大きなおもちゃ屋。1階と2階でおもちゃや文具などを販売している。少子化のためか最盛期に比べて子どもたちで溢れかえる日は少なくなったが、週に1回開催されるトレーディングカードの大会には毎回30人以上の子どもたちが店に集まり賑わいを見せる。小さな子供の知育に役立つ、積み木やブロック、パズルなどの品揃えも豊富だ。

  • 愛川屋蒲鉾店

    愛川屋蒲鉾店

    昭和34年から、練り物、つみれ、はんぺんなどを販売しているお店。毎日、35種類前後、700~800個のおでん種を手づくりしている。今は二代目とその奥さん、そして叔母さんの3人が小さなお店で元気に働いている。全てお勧めだがあさり天とぎょうざ巻きが良く売れるそうだ。お話を伺っている間も客足が絶えることはなく、店内では休むことなく練り物を揚げ続けていた。この寒い季節には欠くことのできないお店である。

    愛川屋蒲鉾店

    愛川屋蒲鉾店 愛川屋蒲鉾店

    昭和34年から、練り物、つみれ、はんぺんなどを販売しているお店。毎日、35種類前後、700~800個のおでん種を手づくりしている。今は二代目とその奥さん、そして叔母さんの3人が小さなお店で元気に働いている。全てお勧めだがあさり天とぎょうざ巻きが良く売れるそうだ。お話を伺っている間も客足が絶えることはなく、店内では休むことなく練り物を揚げ続けていた。この寒い季節には欠くことのできないお店である。

コメント




商店街。MAP

  • ●住所
     ・東京都大田区南蒲田3丁目13
トップへ
街てく。