東急大井町線
東急大井町線 戸越公園駅

ゆたか商店会

商店街一覧

平安装束の二人の子供が商店街を明るく照らす。

東急大井町線の戸越公園駅南口を出て
すぐの商店街をしばらく南へ歩いて行くと、
通りの左右に林立する街路灯が突然変わった。
街路灯のてっぺんに平安時代であろう装束をまとい
手に提灯を持った男の子と女の子が現れたのだ。
この子どもたちは、そこから先の全ての街路灯の上に居て、
まるで道行く人たちを見守っているかのようだ。
街路灯の側面に目を凝らすと、「世界一の商店街」の文字。
それぞれの街路灯には「世界最大の鳥」や
「バレーボールジャンプ最高到達」などの様々な
世界一の面白情報が書かれている。
このユニークな街路灯のある通りは、ゆたか商店会。
初めて訪れたら、街路灯に書かれた世界一情報を
一本一本読まずにはいられない。
とても個性的な街路灯を持つ商店街だ。
商店街に物販の個店は少ないのだが、
精肉店、茶店、鞄店などは二代目や三代目が今も通りで頑張っている。
通りを進んで、右に折れた先には蛇窪神社という社がある。
戸越公園駅も昔は蛇窪駅という名称だったそうだ。
その神社の縁日を商店街で行っているのだと鞄店のご主人が教えてくれた。
縁日では神社にちなんだ商品も各店舗でそれぞれ販売しているそうだが、
コロナ禍の今は商店街での縁日は自粛している。
しかし、財布や貯金箱など、蛇窪神社関連グッズは絶賛販売中だ。
お金が貯まりそうな縁起物商品は他では手に入らない。
鞄店のご主人によると
街路灯の上の二人の子どものデザインは近所の女の子によるものとのこと。
ちなみに男の子の名前は「Oh君」、女の子の名前は「はらちゃま」。
名前の由来は商店街に大原不動尊があることから「Oh(おお)」「はら」だ。
この明快なネーミングの情報も街路灯に書いてある。
高い秋空の中に佇む「Oh君」と「はらちゃま」を見上げて、
肉店のコロッケを頬張りながら、ゆたか商店会をのんびり歩けば、
気持ちはきっと豊かになる。

案内人:小林猛樹
写真はこちら

案内人

商店街。ひと、もの、あじ

  • ワイエム・ファクトリー

    ワイエム・ファクトリー

    初代から続く職人一家が営む鞄の製造販売の店。今は三代目とご両親の二代目ご夫婦の三人で世界に一つだけしかない鞄を作っている。一品物の鞄や財布などの店頭販売はもちろん、オーダーでの製造や修理もOK。時には洋服の直しを請け負うこともある。店の奥にあるミシンから生まれる製品のファンは多く、遠くから足を運ぶお客さんもいる。

    ワイエム・ファクトリー

    ワイエム・ファクトリー ワイエム・ファクトリー

    初代から続く職人一家が営む鞄の製造販売の店。今は三代目とご両親の二代目ご夫婦の三人で世界に一つだけしかない鞄を作っている。一品物の鞄や財布などの店頭販売はもちろん、オーダーでの製造や修理もOK。時には洋服の直しを請け負うこともある。店の奥にあるミシンから生まれる製品のファンは多く、遠くから足を運ぶお客さんもいる。

  • 成島園

    成島園

    この地で70年以上続く茶店。以前は飲食店や企業への納品が大きな割合を占めていたが、今は店頭での小売りが中心だ。主に扱う商品は静岡掛川のお茶と佐賀県有明海の海苔。二代目ご主人が目利きしたお茶と海苔は、地域の常連客たちに長く愛されている。気さくな店主夫妻の海苔やお茶の蘊蓄話を聞いていると時がたつのを忘れてしまった。なかなか居心地の良い店だ。

    成島園

    成島園 成島園

    この地で70年以上続く茶店。以前は飲食店や企業への納品が大きな割合を占めていたが、今は店頭での小売りが中心だ。主に扱う商品は静岡掛川のお茶と佐賀県有明海の海苔。二代目ご主人が目利きしたお茶と海苔は、地域の常連客たちに長く愛されている。気さくな店主夫妻の海苔やお茶の蘊蓄話を聞いていると時がたつのを忘れてしまった。なかなか居心地の良い店だ。

  • 田中精肉店

    田中精肉店

    昭和35年創業の肉店。商店街では唯一の生鮮三品の店だ。コロッケ、とんかつ、あじフライなどの揚げ物は、地元の食卓の強くて美味しい味方だ。夜は一本110円の焼き鳥が人気商品。これは左党にも嬉しい。二代目と一緒に若い三代目も切り盛りする肉店だから、当分この美味しさを作り続けてくれるだろう。唯一の生鮮三品「田中精肉店」よ、永遠なれ。

    田中精肉店

    田中精肉店 田中精肉店

    昭和35年創業の肉店。商店街では唯一の生鮮三品の店だ。コロッケ、とんかつ、あじフライなどの揚げ物は、地元の食卓の強くて美味しい味方だ。夜は一本110円の焼き鳥が人気商品。これは左党にも嬉しい。二代目と一緒に若い三代目も切り盛りする肉店だから、当分この美味しさを作り続けてくれるだろう。唯一の生鮮三品「田中精肉店」よ、永遠なれ。

商店街。MAP

  • ●住所
     ・品川区豊町5丁目10−14

コメント

*が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

トップへ
街てく。