十条
埼京線 十条駅

十条銀座商店街

商店街一覧

東京の三大商店街のひとつ 明治大正昭和を超えて人々の毎日を支えてきた、 たくさんの「おいしい」に出会う商店街

埼京線の十条駅といえば、たくさんの商店街が集まる場所。
昭和のお店が残る、
地元密着の商店街がいくつも広がっています。
その中で今回お邪魔したのは、
東京の三大銀座商店街のひとつとして知られる、十条銀座商店街。
こちらの歴史は、今から100年以上昔にさかのぼります。
明治30年代後半、
いまの北区中央公園付近に帝国陸軍の兵器を製造する造兵廠ができて
人通りが増えたことで、このあたりにお店ができはじめたそうです。
造兵廠の跡地には当時の赤レンガ建築が一部残り、
明治大正昭和の貴重な歴史を伝えています。
敷地の一部は現在陸上自衛隊十条駐屯地、
北区十条富士見中学校として使用されています。
十条銀座商店街は天井の高い立派なアーケードが続く通りに、
200軒ほどのお店があります。
こちらの特徴は、リーズナブルなお惣菜のお店が多いこと。
焼き鳥やコロッケ、トンカツやから揚げなど、
店頭においしそうなおかずがたくさん並び、
常連さんらしいお客さんが次々と買っていきました。
これだけ出来立てのお惣菜が買えるなら、
自宅でお料理をしなくていいかもと思うほど。
このほかにも八百屋さんが数軒、
手作り餃子やボリュームたっぷりのおむすび、
製麺店や味噌専門店もあり、下町の味を堪能できるお店がたくさん。
どれを買おうか目移りする中、
和菓子屋さんの店頭では手焼きのおせんべいを焼くご主人の姿が。
焼きたてを目の前でお醤油にじゅっとつけて
渡してくれる熱々のおせんべいは、まさに十条の味でした。

案内人:はたけあゆみ
写真はこちら

案内人

商店街。ひと、もの、あじ

  • 高柳味噌専門店

    高柳味噌専門店

    大きな味噌樽がたくさん並ぶ、お味噌の専門店。店頭には甘口・辛口など、好みの味を探せるマップが用意されていて、選ぶ楽しみがあります。外国人のお客さんも多いのか、マップは英語版もありました。味噌ソムリエのご主人によると、お味噌汁、味噌炒め、味噌漬けなど、用途によっておすすめがあるようです。日本中から集まったたくさんのお味噌を眺めていると、多彩な個性があることがわかります。

    高柳味噌専門店

    高柳味噌専門店 高柳味噌専門店

    大きな味噌樽がたくさん並ぶ、お味噌の専門店。店頭には甘口・辛口など、好みの味を探せるマップが用意されていて、選ぶ楽しみがあります。外国人のお客さんも多いのか、マップは英語版もありました。味噌ソムリエのご主人によると、お味噌汁、味噌炒め、味噌漬けなど、用途によっておすすめがあるようです。日本中から集まったたくさんのお味噌を眺めていると、多彩な個性があることがわかります。

  • 梅の木

    梅の木

    アーケード通りの二階にある、自家焙煎珈琲がおすすめの喫茶店。広い店内には、ゆったりと休日の午後を過ごすお客さんが寛いでいました。真っ赤なトマトジュースは、食塩が添えられた定番スタイル。レモンの爽やかさが初夏の蒸し暑さを忘れさせてくれます。二階の窓から通りを行き交う人を眺めていると、コロナ禍にあっても変わらずがんばる商店のエネルギーを感じます。

    梅の木

    梅の木 梅の木

    アーケード通りの二階にある、自家焙煎珈琲がおすすめの喫茶店。広い店内には、ゆったりと休日の午後を過ごすお客さんが寛いでいました。真っ赤なトマトジュースは、食塩が添えられた定番スタイル。レモンの爽やかさが初夏の蒸し暑さを忘れさせてくれます。二階の窓から通りを行き交う人を眺めていると、コロナ禍にあっても変わらずがんばる商店のエネルギーを感じます。

コメント




商店街。MAP

  • ●住所
     ・北区十条仲原2丁目
トップへ
街てく。