永福
京王線 永福駅

永福町商店街

商店街一覧

駅の改札を出るとそこはアトリエ。文化と芸術の街、永福町で初夏の光と風を味わう。

名前に縁起のよさを感じる福福しい街、永福町駅へ。
駅の改札を出ると、ガラス張りの天井から
初夏の光が燦燦と降り注いでいました。
実は永福町はアトリエの街です。
1933年(昭和8年)に鉄道が敷かれてから、
ここには彫刻家の佐藤忠良、佐土哲二をはじめとした、
数々のアトリエが作られたそうです。
駅の明るい開放感に、
かつてのアトリエを連想させる素敵な演出を感じました。
駅を出ると、商店街の街灯が目に留まります。
どの商店街の街灯にも街の個性を感じますが、
ここ永福町の街灯はガス灯を連想させる
レトロモダンなデザインになっていました。
永福町の商店街は線路と並行する井の頭通り、
それと交差する方南通りを中心に広がっています。
商店街の通りを歩いてみると、
歴史を感じる洋風看板建築をはじめとした古い建物がちらほら。
昭和テイストのビビッドなタイルやレトロなガラスブロックを使った外壁、
模様が入った懐かしい板ガラスの窓は、
いまではあまり見なくなっています。
こちらの商店街も、昔は多くの人でにぎわっていたのでしょうか。
時を重ねて味わいを増した昭和の建物たちは、
いまも静かにそこにありました。
ほかの商店街と同じように、
こちらにも古い商店をリノベーションした
若い世代の新しいお店が生まれていました。
すべて壊してゼロから作るのではなく、
古さを活かしそこに新しさを積み上げていくお店のスタイルに、
商店街のDNAがさりげなく受け継がれていくようなあたたかさを感じました。

案内人:はたけあゆみ
写真はこちら

案内人

商店街。ひと、もの、あじ

  • くらしの器 みず野

    くらしの器 みず野

    今年で63年目を迎える、街の瀬戸物屋さんです。ご主人のお父様は多治見の窯元出身。店頭には夏に活躍する、昔懐かしい蚊やりが並んでいました。奥には陶器でできた珍しい枕(陶枕)も。瀬戸物一族出身のご主人が、いつも奥様と一緒に季節に合わせた瀬戸物をディスプレイしています。業務用も扱うためか、品揃えがとても豊富。普段使いのお気に入りの器を手に取ってじっくり探せるお店です。

    くらしの器 みず野

    くらしの器 みず野 くらしの器 みず野

    今年で63年目を迎える、街の瀬戸物屋さんです。ご主人のお父様は多治見の窯元出身。店頭には夏に活躍する、昔懐かしい蚊やりが並んでいました。奥には陶器でできた珍しい枕(陶枕)も。瀬戸物一族出身のご主人が、いつも奥様と一緒に季節に合わせた瀬戸物をディスプレイしています。業務用も扱うためか、品揃えがとても豊富。普段使いのお気に入りの器を手に取ってじっくり探せるお店です。

  • アオキ

    アオキ

    文房具屋さんって、子どもの頃を思い出してわくわくしませんか。こちらは創業70年。明るい笑顔で迎えてくれたのは三代目ですが、こちらでは初代からずっと女性がお店を切り盛りしてきました。お客様は子どもとお年寄りが多いそうです。いまも子どもたちには香り付き練り消しが人気。近隣のお年寄りは、季節の上品な便せんや封筒を買いにいらっしゃるそうです。

    アオキ

    アオキ アオキ

    文房具屋さんって、子どもの頃を思い出してわくわくしませんか。こちらは創業70年。明るい笑顔で迎えてくれたのは三代目ですが、こちらでは初代からずっと女性がお店を切り盛りしてきました。お客様は子どもとお年寄りが多いそうです。いまも子どもたちには香り付き練り消しが人気。近隣のお年寄りは、季節の上品な便せんや封筒を買いにいらっしゃるそうです。

  • デリカショップ ウェストリバー

    デリカショップ ウェストリバー

    ひっきりなしに常連のお客さんが訪れるお弁当屋さん。ご主人と奥様でお店を開き、今年で23年を迎えます。ショーケースには奥の厨房で作られた、季節の食材を使った手作りのおかずがたくさん並びます。「お客様の要望に応えていたら、こんなに増えちゃったの」というメニューの豊富さにぴっくり。お店の奥様は、お料理上手な街のお母さんのようです。

    デリカショップ ウェストリバー

    デリカショップ ウェストリバー デリカショップ ウェストリバー

    ひっきりなしに常連のお客さんが訪れるお弁当屋さん。ご主人と奥様でお店を開き、今年で23年を迎えます。ショーケースには奥の厨房で作られた、季節の食材を使った手作りのおかずがたくさん並びます。「お客様の要望に応えていたら、こんなに増えちゃったの」というメニューの豊富さにぴっくり。お店の奥様は、お料理上手な街のお母さんのようです。

コメント




商店街。MAP

  • ●住所
     ・杉並区永福2-50-2
トップへ
街てく。