曳舟
山手線 曳舟駅

下町人情キラキラ橘商店街

商店街一覧

この普通の商店街には、普通では無いオリジナリティが溢れている。

赤、緑、黄、オレンジの鮮やかなテント屋根と
青い空に泳ぐたくさんの鯉のぼりが目にも楽しい。
通りのスピーカーからは、ほどよい音量でBGMが流れている。
魚屋があり、肉屋があり、八百屋がある。ここは、ごく普通の商店街。
今、こんな普通の商店街が、絶滅危惧だ。この危機に立ち向かう通りこそ、
下町人情キラキラ橘商店街。
墨田区の曳舟駅から少し歩くと、その奇蹟に出逢うことができる。
戦前から続く商店街は、東京大空襲の戦禍を免れたおかげで
二軒長屋を使った間口の狭い小さな店舗が多い。
細い路地に囲まれた通りは、戦前の雰囲気を今に残している。
その小さな店々では、ショッピングセンターでは真似することが
できない手作りのお惣菜を販売している。
夕方近くになると、肉屋や魚屋は言うに及ばず、
そば屋や寿司屋の軒先のテーブルにもそれぞれの店が作った惣菜が
商店街を賑わしはじめる。
昔馴染みのお婆ちゃんや保育園のお迎え帰りに寄って行く
お母さんたちが世間話をしながら、
目当ての味を買い込んでいる。毎日の食卓に欠かせない一品なのだろう。
昔からのお店が多いのだが、
若い人たちが最近出店したパン屋やカフェもある。
その一軒のスツールに腰かけて、乾いた喉に地ビールを流し込んでいると、
ランドセルを背負った子どもたちが「ただいま」と叫びながら商店街を駆け抜けて行った。

案内人:小林猛樹
写真はこちら

案内人

商店街。ひと、もの、あじ

  • 鳥正

    鳥正

    もともとは鶏肉の専門店。手始めに焼き鳥や唐揚げを作り始め、今ではたくさんのオリジナリ ティ溢れた惣菜を並べている。具を鳥の皮でまいた「チキン餃子」、肉がたくさん入った一口 大のコロッケ「メンコロ」、最近のヒット商品はその名の通りカップに入れた「カップもんじ ゃ」。どれも他店ではお目にかかれない味だ。2代目ご主人が焼き鳥の串を打つ傍らで3代目が 店頭で接客する姿は頼もしく微笑ましい。未来の新たな惣菜は、この2人の手にかかっている。

    鳥正

    鳥正 鳥正

    もともとは鶏肉の専門店。手始めに焼き鳥や唐揚げを作り始め、今ではたくさんのオリジナリ ティ溢れた惣菜を並べている。具を鳥の皮でまいた「チキン餃子」、肉がたくさん入った一口 大のコロッケ「メンコロ」、最近のヒット商品はその名の通りカップに入れた「カップもんじ ゃ」。どれも他店ではお目にかかれない味だ。2代目ご主人が焼き鳥の串を打つ傍らで3代目が 店頭で接客する姿は頼もしく微笑ましい。未来の新たな惣菜は、この2人の手にかかっている。

  • 武藤水産

    武藤水産

    創業当初は、あさりを専門に扱っていたお店。今でも地域の人たちは武藤水産ではなく、あさ り屋と呼んでいるそうだ。あさりの他にはまぐろなどの鮮魚も扱っているが、今のメイン商品 は焼き魚だ。今日は、鮭、鯖、鮎、鰤など、美味しそうに焼かれた旬の魚が10品以上店先に並 んでいる。中でも人気は銀ダラだ。お話を聞いている間も、若いお母さんが銀ダラを二切れ買 って行った。ご主人とお店を始めた初代の女将さんは、今も元気にあさりを店頭に並べてい る。

    武藤水産

    武藤水産 武藤水産

    創業当初は、あさりを専門に扱っていたお店。今でも地域の人たちは武藤水産ではなく、あさ り屋と呼んでいるそうだ。あさりの他にはまぐろなどの鮮魚も扱っているが、今のメイン商品 は焼き魚だ。今日は、鮭、鯖、鮎、鰤など、美味しそうに焼かれた旬の魚が10品以上店先に並 んでいる。中でも人気は銀ダラだ。お話を聞いている間も、若いお母さんが銀ダラを二切れ買 って行った。ご主人とお店を始めた初代の女将さんは、今も元気にあさりを店頭に並べてい る。

コメント




商店街。MAP

  • ●住所
     ・東京都墨田区京島2丁目
トップへ
街てく。