矢口渡
東急多摩川線 矢口渡駅

矢口渡商店街、安方商店街

商店街一覧

新田義興公があちこちに 大田区の下町感にほっとする 川のせせらぎを感じる商店街

蒲田から東急多摩川線に乗って一駅目。
今日は矢口渡駅にやってきました。
多摩川線は蒲田と多摩川を7駅で結ぶ、
コンパクトな路線。
矢口渡駅はレトロな木造のまま残っていて、
改札を出るときに気分が上がります。
商店街は線路と環八を挟んで南北に広がっていますが、
北側が安方商店街、南側が矢口渡商店街です。
両方とも通りは車があまり通らず、
ゆったり歩けるのがうれしい。
南側には八百屋さんが数軒、
おいしそうな香りが漂う焼き鳥屋さんや和菓子屋さんもありました。
注目したいのは、矢口渡をモチーフにした街路灯。
ガラスの照明が3つ下がった涼し気な水色の支柱には、
矢口の渡しで討ち死にしたといわれる
勇ましい新田義興がちょこんと乗っています。
このほかに車止めにも船に乗った新田義興が描かれ、
街の歴史を感じさせます。
そのまま南に向かうと多摩川の土手にぶつかり、
目の前に広々とした河川敷が広がっています。
なんとなく台湾テイストなゲートで始まる北側の安方商店街も、
ゆったりとした雰囲気は変わりません。
少し歩くとコーヒーだけでなく、
ラーメンやカレーうどんもおいしそうな喫茶店、
「健康風呂」というアピールに惹かれる銭湯「草津湯」がありました。
コロナ禍で外出を控えている時期、
地元で気軽に草津の湯につかれるのは楽しそうです。
新しい住宅に混ざって海苔の専門店、
鰻屋さん、洋服店、洋傘店の看板があり、
以前はいろいろなお店で賑わっていたような雰囲気を感じました。

案内人:はたけあゆみ
写真はこちら

案内人

商店街。ひと、もの、あじ

  • GALLERY FUTARI

    GALLERY FUTARI

    線路の北側に広がる安方商店街でみつけた、小さなギャラリー。この日は「うチュウたま展」の準備中でした。ガラス越しに中をのぞくと、作家さんでしょうか、不思議なお人形たちを大切そうにたくさん並べていました。こちらでは「あなたとわたし」をテーマに、作家によるひとつひとつ丁寧に作られたアートや日用品を扱っているそうで、定期的に寄りたくなる素敵な空間でした。

    GALLERY FUTARI

    GALLERY FUTARI GALLERY FUTARI

    線路の北側に広がる安方商店街でみつけた、小さなギャラリー。この日は「うチュウたま展」の準備中でした。ガラス越しに中をのぞくと、作家さんでしょうか、不思議なお人形たちを大切そうにたくさん並べていました。こちらでは「あなたとわたし」をテーマに、作家によるひとつひとつ丁寧に作られたアートや日用品を扱っているそうで、定期的に寄りたくなる素敵な空間でした。

  • YAGUCH FRESH HOUSE

    YAGUCH FRESH HOUSE

    たくさんの野菜や果物が並んだ青果店。店先には、早々とおいしそうな熊本産の西瓜が。「すごくあまい…」と書かれた説明がなんとも味わい深い。青果店に特有の手書きの文字は、ご主人の人柄を感じさせるような気がしますね。よくみたら真っ赤なトマトやキャベツ、新玉ねぎなどどれも安く、ついまとめ買いしたくなります。次から次へとお客さんが訪れ、季節の青果を買っていました。

    YAGUCH FRESH HOUSE

    YAGUCH FRESH HOUSE YAGUCH FRESH HOUSE

    たくさんの野菜や果物が並んだ青果店。店先には、早々とおいしそうな熊本産の西瓜が。「すごくあまい…」と書かれた説明がなんとも味わい深い。青果店に特有の手書きの文字は、ご主人の人柄を感じさせるような気がしますね。よくみたら真っ赤なトマトやキャベツ、新玉ねぎなどどれも安く、ついまとめ買いしたくなります。次から次へとお客さんが訪れ、季節の青果を買っていました。

コメント




商店街。MAP

  • ●住所
     ・大田区多摩川1-34
トップへ
街てく。