駒込
山手線 駒込駅

田端銀座商店街

商店街一覧

見上げると、そこには太陽とペンギン。

地下鉄の階段を上がると、
真夏の太陽が容赦無く照りつけてきた。
額に汗を滲ませながら、
駒込駅東口の繁華な通りを南へ歩いて行き、
商店も少なくなってきた頃。
十字路の左の通りをふと見ると
突然ペンギンのキャラクターのフラッグが目に入って来た。
興味をそそられてフラッグに近づいて行くと
街路灯には田端銀座の文字。
駅前の雰囲気と違い、
少し狭い通りにさまざまな物販の個店がシャッターを開けている。
青果、肉、魚の生鮮三品はもちろん。
洋品、パン、呉服、茶、惣菜など、多彩な商店のラインナップだ。
銭湯があるのも嬉しい。通りには買い物客の姿も多い。
地域に密着して、暮らしを支えている商店街だ。
ペンギンのキャラクターが気になって、
商店街の理事長でもある野口薬局のご主人に話を聞くと
キャラクターの名前は「タバギン」。
TV番組の企画とタイアップで作られたそうだ。
また、例年夏は夏祭りのイベントなどを開催するのだが
新型コロナウイルスの影響で、
今年はさまざまなイベントが中止になったと寂しそうに話してくれた。
田端は明治末期から昭和の初めまで芸術家が住んだ街でもある。
芥川龍之介や萩原朔太郎が暮らした街だ。
奇しくも数日前は芥川の命日、河童忌であった。
彼は「ぼんやりとした不安」の言葉を遺したが、
今、世の中はウイルスの不安に覆われている。
河童よ、月に吠えて、いや、タバギンよ、
太陽に吠えて不安を一掃してくれないか。

案内人:小林猛樹
写真はこちら

案内人

商店街。ひと、もの、あじ

  • 栄屋食料品店

    栄屋食料品店

    昭和9年創業の食料品店。店は商店街が結成される以前からこの地で商売を続けている。もともとは佃煮店だったが、今は漬物や煮物といった惣菜や乾物などの食品を取り扱っている。人気商品はぬか漬や白菜漬、煮豆、きんぴらなどの自家製のお惣菜。優しい女将さんの笑顔も店先に無くてはならない逸品。

    栄屋食料品店

    栄屋食料品店 栄屋食料品店

    昭和9年創業の食料品店。店は商店街が結成される以前からこの地で商売を続けている。もともとは佃煮店だったが、今は漬物や煮物といった惣菜や乾物などの食品を取り扱っている。人気商品はぬか漬や白菜漬、煮豆、きんぴらなどの自家製のお惣菜。優しい女将さんの笑顔も店先に無くてはならない逸品。

  • 彦坂

    彦坂

    揚げ物を中心にした総菜店。店先にはコロッケ、メンチ、トンカツ、から揚、焼豚、サラダなどの多彩な商品がぎっしりと並んでいる。ご主人のモットーは添加物を使わないこと。話を伺っている最中も客足が絶えることがない繁盛店だ。本日の人気はご主人が前日に釣ってきたあじフライ。揚げたてのアジフライを買った常連客が「ほんとに美味しいから」と僕に告げて自転車で家路についた。

    彦坂

    彦坂 彦坂

    揚げ物を中心にした総菜店。店先にはコロッケ、メンチ、トンカツ、から揚、焼豚、サラダなどの多彩な商品がぎっしりと並んでいる。ご主人のモットーは添加物を使わないこと。話を伺っている最中も客足が絶えることがない繁盛店だ。本日の人気はご主人が前日に釣ってきたあじフライ。揚げたてのアジフライを買った常連客が「ほんとに美味しいから」と僕に告げて自転車で家路についた。

コメント




商店街。MAP

  • ●住所
     ・北区田端3丁目
トップへ
街てく。