椎名町
西武池袋線 椎名町駅

椎名町サンロード商店街

商店街一覧

池袋から一駅 かつて若き芸術家が集まったアトリエの街には、 文化の香りを残す庶民的な商店街が広がる

今日は西武池袋線椎名町駅の北側に広がる、
椎名町サンロード商店街にやってきました。
入口では七色に彩られた、
商店街のゲートがお出迎え。
「サンロード」の丸みのある書体がかわいらしいです。
こちらはゆるキャラがいる商店街で、
マンガ家を夢見るサンローくん、
お買物大好き「太陽系サンサン主婦」のしいなサンがいます。
商店街通りはそれほど車の通りが激しくないので、
ゆったりと散策できます。
刃物研ぎ屋さん、
お豆腐屋さん、
電気屋さん、
海苔屋さんなど、
昭和を感じるお店も
元気にがんばっていました。
椎名町といえば池袋の隣。
東京の中でも屈指のターミナル駅から一駅電車に乗るだけで、
商店街のある住宅街が広がっているのはちょっと驚きです。
ここ椎名町駅の北側には
今回おじゃました椎名町サンロード商店街に、
サミット通り商店会、
椎名真理駅前中央通り商店街、
長小通り明和会が隣接しています。
細い路地が広がる通りに庶民的なお店が並び、
お買い物に困らない住みやすさを醸し出しています。
さて椎名町駅の南側が漫画家の街なら、
北側のこちらはアトリエの街。
1920~1930年代にかけて、
100軒を超えるアトリエ付き貸家が建てられました。
住宅には大きな窓と天窓から光が降り注ぐ15畳ほどのアトリエがあり、
3畳から4畳半の狭い居室がついていました。
詩人の小熊秀雄が「池袋モンパルナス」と名付けたこの地では、
多くの若き芸術家が入居し、
創作活動を行っていたそうです。
商店街を散策するついでに、
昭和初期の芸術家の熱気を辿るのもおすすめです。

案内人:はたけあゆみ
写真はこちら

案内人

商店街。ひと、もの、あじ

  • 田中インテリア

    田中インテリア

    店頭にはカラフルなクッションや暖かそうなスリッパが整然と山積みされている様子が圧巻のこちらは、毛糸の帽子がキュートな奥様が切り盛りする街のインテリアショップです。お店の奥には色とりどりのカーペットや手の込んだキルトケットが天井まで積まれていました。毎日これだけの商品を並べるのは大変そうですが、そこは家族の男性にお願いしているとのこと。冬の柔らかい光と冷たい風を浴びて、ふかふかであたたかいクッションに埋もれたくなりました。

    田中インテリア

    田中インテリア 田中インテリア

    店頭にはカラフルなクッションや暖かそうなスリッパが整然と山積みされている様子が圧巻のこちらは、毛糸の帽子がキュートな奥様が切り盛りする街のインテリアショップです。お店の奥には色とりどりのカーペットや手の込んだキルトケットが天井まで積まれていました。毎日これだけの商品を並べるのは大変そうですが、そこは家族の男性にお願いしているとのこと。冬の柔らかい光と冷たい風を浴びて、ふかふかであたたかいクッションに埋もれたくなりました。

  • カネナカ豆腐店

    カネナカ豆腐店

    清潔感のあるタイル張りの壁が懐かしい、57年目を迎えるお豆腐屋さん。お店の奥ではご主人が大きな鍋でてきぱきと作業中。揚げたての厚揚げを笑顔の奥様がショーケースに並べていきます。こちらのお豆腐はかなり固めで、お客さんの中には「まるで沖縄の島豆腐みたい」という声も。しっかりした食感だからこそできる、絹豆腐の厚揚げ(絹生揚)も人気です。お豆腐屋さんならではの袋に入ったおからも新鮮でおいしそう。

    カネナカ豆腐店

    カネナカ豆腐店 カネナカ豆腐店

    清潔感のあるタイル張りの壁が懐かしい、57年目を迎えるお豆腐屋さん。お店の奥ではご主人が大きな鍋でてきぱきと作業中。揚げたての厚揚げを笑顔の奥様がショーケースに並べていきます。こちらのお豆腐はかなり固めで、お客さんの中には「まるで沖縄の島豆腐みたい」という声も。しっかりした食感だからこそできる、絹豆腐の厚揚げ(絹生揚)も人気です。お豆腐屋さんならではの袋に入ったおからも新鮮でおいしそう。

コメント




商店街。MAP

  • ●住所
     ・豊島区南長崎1
トップへ
街てく。