大島
都営新宿線 大島駅

大島中央銀座商店街

商店街一覧

見逃さずにはいられないアーチは、あの頃の夢のかけら。

都営新宿線大島駅を地上に出て程無く見えてきたのは、
上から赤、白、青、オランダ国旗と同じトリコロール配色のネオンサインだ。
真ん中の白い部分には「中」「央」「銀」「座」の四文字。
東西南北、それぞれの入り口にドンとそびえて存在感を示す
大きなアーチは大島中央銀座商店街の象徴だ。
東西と南北に十字の通りを有する商店街の近隣には
多くの大きな団地が立ち並ぶ。
住民たちの毎日の暮らしを支える商店街には、
魚、肉、青果の生鮮三品はもちろん、
米、豆腐、酒、洋品などの物販の個店を見ることができる。
営業を続けている店舗の数は少ないが、
どの店も常連客を中心に商いをしているようだ。
通りを散策した昼下がり、
肉店も魚店もコロッケを揚げたり、
魚を下ろしたりと夕方のお客のための準備に余念がない。
高度成長期、大型団地にはたくさんの夢が溢れていたことだろう。
商店街も人々の活気で溢れかえっていた。
笑い声と涙を交錯させながら、
街の住民も店主たちも時を重ねてきた。
みんなの夢はどうなっただろう。
笑顔の旅立ちか、泣き顔の結末か・・・。
立派なアーチは、往時の夢のかけらだ。

案内人:小林猛樹
写真はこちら

案内人

商店街。ひと、もの、あじ

  • ブティック オオサワ

    ブティック オオサワ

    もともとは子供服とベビー用品が中心だったが、今は婦人服をメインに扱っている洋品店。店内には高品質の商品が彩り鮮やかに並ぶ。優しい笑顔で出迎えてくれたお洒落な店主は、常連客とのお喋りが楽しみだと教えてくれた。趣味で野菜を作っている屋上の家庭菜園も自慢だとか。

    ブティック オオサワ

    ブティック オオサワ ブティック オオサワ

    もともとは子供服とベビー用品が中心だったが、今は婦人服をメインに扱っている洋品店。店内には高品質の商品が彩り鮮やかに並ぶ。優しい笑顔で出迎えてくれたお洒落な店主は、常連客とのお喋りが楽しみだと教えてくれた。趣味で野菜を作っている屋上の家庭菜園も自慢だとか。

コメント




商店街。MAP

  • ●住所
     ・江東区大島5
トップへ
街てく。