野方
西武新宿線 野方駅

野方本町通り商店街

商店街一覧

気取らないあたたかさと 昭和の名残を残す、 お地蔵様が笑う街。

西武新宿線に乗って、野方駅にやってきました。
昔懐かしい商店街が消えつつある街が多い中、
ここ野方には駅から伸びる通りに沿って5つの商店街が残っています。
駅の近くには新しい建物に入っているチェーン店が多いですが、
少し通りを歩くと昭和から続くお店に出会うことができます。
本町通りを歩くと、
戦後のにおいを残す「野方文化マーケット」が登場。
細い路地は二階まで吹き抜け、両脇に一階は店舗、
二階が住居というスタイルの生鮮食品店が集まっていた場所です。
いまでは空き店舗が多くなっていますが、
路地から上を見上げると屋根から柔らかい冬の光が差し込み、
かつてここで商売をしていた人たちの活気を想像できます。
駅前には昭和のポップさを感じるアーケード商店街、
ヤッホーロードもあります。
ヤッホーの由来は、野方が「ヤホウ」と読めることからだそうです。
建て替えの時期なのか、
新しい建物のために空地になっているところにはどんなお店があったのか、
いまではわからないのが残念です。
それでもアーケードの中では、
歴史を感じるお茶屋さんや喫茶店などが営業していました。
商店街を歩くと、
買い物をするお年寄りの姿を目にします。
お店の方によると、お年寄りは物を買うだけでなく、
お店との会話も楽しみにしているとのこと。
何気なく交わす世間話で、
心があたたかくなることってありますよね。
そんなお店とお客とのほっとする交流が残っている、
貴重な商店街でした。

案内人:はたけあゆみ
写真はこちら

案内人

商店街。ひと、もの、あじ

  • オンリーワン

    オンリーワン

    こちらにお店を構えて13年、時計を初めとするなんでも修理のお店です。ご主人の黄さんは、カンボジア生まれの台湾育ち。修理や商売はすべて独学でここまできました。まわりの人から真摯に学ぶことで困難を乗り越えてきたという、ご主人のエネルギーに圧倒されます。気さくに話しかけてくれるあたたかさに、アジアの人情を感じます。なんと帰り際に飴玉をいただきました。

    オンリーワン

    オンリーワン オンリーワン

    こちらにお店を構えて13年、時計を初めとするなんでも修理のお店です。ご主人の黄さんは、カンボジア生まれの台湾育ち。修理や商売はすべて独学でここまできました。まわりの人から真摯に学ぶことで困難を乗り越えてきたという、ご主人のエネルギーに圧倒されます。気さくに話しかけてくれるあたたかさに、アジアの人情を感じます。なんと帰り際に飴玉をいただきました。

  • とりふじ

    とりふじ

    焼き立て、揚げたての香りが漂う人気店。ショーケースにはおいしそうな焼き鳥や揚げ物がたくさん並んでいます。40年前、三ノ輪のお店からのれん分けをして野方へ。人気の合鴨ステーキはパーティーのオードブルにもぴったり。大根で鶏つくねを挟んで揚げた大根メンチは、手作りの優しい味わいで女性にも好評です。取材中も次から次へとお客さんが訪れ、お店の女性が優しい笑顔でてきぱきと対応していました。

    とりふじ

    とりふじ とりふじ

    焼き立て、揚げたての香りが漂う人気店。ショーケースにはおいしそうな焼き鳥や揚げ物がたくさん並んでいます。40年前、三ノ輪のお店からのれん分けをして野方へ。人気の合鴨ステーキはパーティーのオードブルにもぴったり。大根で鶏つくねを挟んで揚げた大根メンチは、手作りの優しい味わいで女性にも好評です。取材中も次から次へとお客さんが訪れ、お店の女性が優しい笑顔でてきぱきと対応していました。

  • マルシェ

    マルシェ

    ヤッホーロードの角にある果物屋さん。こちらはすぐ先にある八百屋さんの姉妹店だそうです。姿かたちも美しい、おいしそうなぴかぴかの果物が並んでいます。お店にはキウィのゼスプリの大きなぬいぐるみが2体ありましたが、こちらは売り物ではないとのこと。奥で寡黙にきびきびと品出しをしている、若いご主人の姿が印象的でした。

    マルシェ

    マルシェ マルシェ

    ヤッホーロードの角にある果物屋さん。こちらはすぐ先にある八百屋さんの姉妹店だそうです。姿かたちも美しい、おいしそうなぴかぴかの果物が並んでいます。お店にはキウィのゼスプリの大きなぬいぐるみが2体ありましたが、こちらは売り物ではないとのこと。奥で寡黙にきびきびと品出しをしている、若いご主人の姿が印象的でした。

コメント




商店街。MAP

  • ●住所
     ・中野区野方5-24
トップへ
街てく。