南砂町
東西線 南砂町駅

稲荷通り商公会

商店街一覧

商売繁盛、お稲荷さんの霊験は何処にいった。

まだ五月も中頃だと言うのに、TVの気象予報士によると、
もう梅雨の走りらしい。
雲の合間から薄日が差す中、
東京メトロ東西線の南砂町駅から近い仙台掘川公園を北へ歩いた。
北砂まで来ると東京の商店街の代表格
「砂町銀座商店街」に行くことができる。
今日の目的地はその繁華な商店街ではなく、
砂町銀座の少し北に並行してある、小さな商店街だ。
商店街の名は、稲荷通り商公会。
通りの入口にはレトロな書体で書かれた
「稲荷通り」のサインボード。
中程には治兵衛稲荷神社がある。
商店街には数こそ少ないが、
今でもパン店、布団屋、畳屋、食料品店、
パジャマ専門店などが店を開けている。
通りに現役の銭湯があるのも嬉しい。
新型コロナの影響と定休日で、
今日、シャッターを上げている店は少なかったが、
布団屋のご主人によると現在20弱の店舗が営業をしているらしい。
20年ほど前までは60店舗近い店がシャッターを上げていて、
砂町銀座に劣らず、通りは買い物客で賑わったそうだ。
稲荷は商売繁盛を守る神社でもある。
治兵衛稲荷神社のお稲荷さんよ、何とかならないか。
稲荷通りは静かな商店街だ。
商店街に「静かな」は、褒め言葉ではないかもしれないが、
日々の暮らしに疲れたら、稲荷通りを訪ねてみると良い。
道端で井戸端会議をする人たちやベビーカーを
のんびりと押して歩くママたちの姿を見ているだけで、
心がほぐれてくる通りだから。

案内人:小林猛樹
写真はこちら

案内人

商店街。ひと、もの、あじ

コメント




商店街。MAP

  • ●住所
     ・東京都江東区北砂5丁目22
トップへ
街てく。