東中野
総武線(各駅停車) 東中野駅

東中野銀座通り

商店街一覧

変わらず商いを続けるすごさ 戦災にもコロナウィルスにも負けない お店のバイタリティに触れ、背筋を伸ばす。

JR総武線に乗って、東中野へ。
西口の改札を出ると、目の前には山手通り。
交差点を渡った向こう側に、
東中野銀座通りの商店街ゲートがみえます。
お店の方によると、このあたりが栄えだしたのは
1923年(大正12年)の関東大震災以降。
郊外の分譲地として開発され、
被害にあった地域から多くの人が移り住みました。
その後しばらくすると空襲で東中野も焼野原になってしまいましたが、
バイタリティ溢れる店主は次々とバラックを建て商売を続けたそうです。
「バラックといってもこのあたりはちょっと違ってね、
バンガローみたいなしっかりした建物が多かったんですよ、
すごいでしょ」と当時を語ってくれました。
敗戦後の物がない時代を乗り越え、
商店街が復活したのは1952年(昭和27年)頃のこと。
最盛期は通りにお肉屋さんが8軒もあり、
いつも買い物客でごったがえしていたそうです。
近隣住民はもちろんのこと、
中には上高田から買い物にくるお客さんもいたそうで、
当時の賑わいは相当だった様子。
残念ながらいまは閉めてしまったお店も多いですが、
古株の佃煮の鮒富さん、お蕎麦の寿美吉さん、
青果の八百丑さんは元気に営業を続けています。
コロナウィルスで生活が大きく変わり先行きが見えない中、
空襲の焼野原を乗り越えてお店を続けてきたご主人たちの存在感に、
凹んでいてはいけないと励まされる取材でした。

案内人:はたけあゆみ
写真はこちら

案内人

商店街。ひと、もの、あじ

  • 鮒富

    鮒富

    商店街通り沿いにある鮒富は、1932年(昭和7年)から続く佃煮店。二代目のご主人が優しい笑顔で迎えてくださいました。趣のある店内には、大皿に盛られたおいしそうな佃煮がずらり。量り売りなので出来立てを少しずついただくことができます。不動の人気はあみとしらす。艶々と飴色に輝く佃煮は、白いご飯が何杯でも食べられそうです。入口に飾ってあるお店のミニチュアは細部まで本物そっくり。お店に立ち寄った際はぜひチェックしてみてくださいね。

    鮒富

    鮒富 鮒富

    商店街通り沿いにある鮒富は、1932年(昭和7年)から続く佃煮店。二代目のご主人が優しい笑顔で迎えてくださいました。趣のある店内には、大皿に盛られたおいしそうな佃煮がずらり。量り売りなので出来立てを少しずついただくことができます。不動の人気はあみとしらす。艶々と飴色に輝く佃煮は、白いご飯が何杯でも食べられそうです。入口に飾ってあるお店のミニチュアは細部まで本物そっくり。お店に立ち寄った際はぜひチェックしてみてくださいね。

  • 高橋時計メガネ店

    高橋時計メガネ店

    今年で90年目を迎える時計とメガネのお店。いまは二代目のご主人と弟さんがお店を営んでいます。お二人ともスマートでダンディなところが素敵でした。棚には修理中と思われる年代物の置時計が並びます。ご主人にお話をうかがっている間も、ひっきりなしにお年を召したお客様が修理の依頼に立ち寄っていました。こちらの商店街には同じ学校に通い、お店を継いだお仲間も多かったとか。以前は商店街組合の会合が夜中まで盛り上がることもあったそうです。

    高橋時計メガネ店

    高橋時計メガネ店 高橋時計メガネ店

    今年で90年目を迎える時計とメガネのお店。いまは二代目のご主人と弟さんがお店を営んでいます。お二人ともスマートでダンディなところが素敵でした。棚には修理中と思われる年代物の置時計が並びます。ご主人にお話をうかがっている間も、ひっきりなしにお年を召したお客様が修理の依頼に立ち寄っていました。こちらの商店街には同じ学校に通い、お店を継いだお仲間も多かったとか。以前は商店街組合の会合が夜中まで盛り上がることもあったそうです。

  • 冨士家

    冨士家

    ガラスケースに並ぶ、艶々とした季節の和菓子に目が奪われます。キュートなマスクを着けた奥様が、次々と訪れるお馴染みのお客さんと交わす明るい会話になんだか元気づけられます。自家製餡を使ったお団子や笹餅を売るお店の横には、ゆったりとした喫茶スペース。壁にはお店のファンだという画家さんに送られた絵画が飾られています。珈琲などの飲み物はすべてお団子付き。アートに囲まれてほっと一息できる、心安らぐスペースです。

    冨士家

    冨士家 冨士家

    ガラスケースに並ぶ、艶々とした季節の和菓子に目が奪われます。キュートなマスクを着けた奥様が、次々と訪れるお馴染みのお客さんと交わす明るい会話になんだか元気づけられます。自家製餡を使ったお団子や笹餅を売るお店の横には、ゆったりとした喫茶スペース。壁にはお店のファンだという画家さんに送られた絵画が飾られています。珈琲などの飲み物はすべてお団子付き。アートに囲まれてほっと一息できる、心安らぐスペースです。

コメント




商店街。MAP

  • ●住所
     ・中野区東中野8-3
トップへ
街てく。