一之江
都営新宿線 一之江駅

はなみずきロード&しらさぎ通り&松江大通り商店街&ベルタウン松江

商店街一覧

四つの商店街が連なる今井街道に、ホンモノを見つけた。

橋の上から覗く川面は春の日差しにキラキラと輝き、
係留されている屋形船やプレジャーボートが
深い鉄紺の影を落としている。
河原には若草色の芝に混じって土筆が顔を出している。
少し汗ばむ陽気の中、
橋を下って今井街道を西へ向かって歩いた。
街道には都営新宿線 一之江駅側から、
はなみずきロード、しらさぎ通り、松江大通り商店街、
ベルタウン松江の4つの商店街が連なっている。
2km以上はあるだろうか、真っ直ぐに伸びるとても長い通りである。
駅近辺には飲食の店が多いが、青果、寝具、花、和菓子、パン、
自転車、文具、煎餅、洋品、履物、呉服などの物販の店も数多くある。
生鮮三品の魚屋と肉屋が無いのは残念だが、
通りには大きなスーパーマーケットがあるので仕方がない。
嬉しいのは現役の銭湯があること。
多彩な店舗が軒を連ねる賑やかな通りだ。
今日、お話を伺った呉服店は高価な反物も扱っており、
履物店は下駄や草履に好きな鼻緒をすげてくれる、
煎餅屋は生地にも焼きにもタレにもこだわりを持っていた。
それぞれの老舗は今も昔通りの商いをしている。
意外といっては失礼だが、
僕は今井街道でホンモノに出会うことができた。
今、バス通りになっている今井街道は昭和40年代の初めまで
トロリーバスが走っていて、
それ以前は街道と並行して城東電車という
鉄道が敷かれていたそうだ。
トロリーバスの頃は、通りは商店で埋め尽くされて賑わいも
一際だったと呉服店のご主人が教えてくれた。
街道の中程には一之江境川親水公園がある。
せせらぎと緑が心地よい緑道だ。
桜の蕾がほころび始めている。
公園には城東電車の名残の鉄路の一部が残っている。
レールの上の陽だまりに小さな蝶がとまっていた。
鉄路は錆びても今井街道で頑張る店主たちの気概は輝いている。

案内人:小林猛樹
写真はこちら

案内人

商店街。ひと、もの、あじ

  • 西川屋呉服店

    西川屋呉服店

    ベルタウン松江にある、昭和2年創業の呉服店。今は三代目と奥さんが暖簾を守っている。加賀友禅、京友禅、十日町紬、米沢紬、大島紬など多種多様な反物を扱っている。見せてもらった反物はどれも美しかった。ご主人はお客の体形を見ただけで仕立ての寸法が分かる本当の職人だ。二人とも日本の文化である着物を一人でも多くの人に、様々な機会に着てもらいたいという気持ちで商売を続けている。僕もいつかは大島紬、である。

    西川屋呉服店

    西川屋呉服店 西川屋呉服店

    ベルタウン松江にある、昭和2年創業の呉服店。今は三代目と奥さんが暖簾を守っている。加賀友禅、京友禅、十日町紬、米沢紬、大島紬など多種多様な反物を扱っている。見せてもらった反物はどれも美しかった。ご主人はお客の体形を見ただけで仕立ての寸法が分かる本当の職人だ。二人とも日本の文化である着物を一人でも多くの人に、様々な機会に着てもらいたいという気持ちで商売を続けている。僕もいつかは大島紬、である。

  • 履物専門店 ゲタ万

    履物専門店 ゲタ万

    松江大通り商店街にある、大正初期創業の履物店。元気な三代目が今日もシャッタを-開けていた。下駄、草履、雪駄を扱う店が少なくなった昨今。常連以外にも遠方から履物を買いに来る人がたくさんいるそうだ。もちろん下駄や草履にはその場で好きな鼻緒をすげてくれる。ゲタ万の屋号は初代が万吉さんの故。ストレートだが素敵なネーミングだ。地域の小中学校の上履きや外履きも扱っている。地域密着でもある嬉しいお店だ。

    履物専門店 ゲタ万

    履物専門店 ゲタ万 履物専門店 ゲタ万

    松江大通り商店街にある、大正初期創業の履物店。元気な三代目が今日もシャッタを-開けていた。下駄、草履、雪駄を扱う店が少なくなった昨今。常連以外にも遠方から履物を買いに来る人がたくさんいるそうだ。もちろん下駄や草履にはその場で好きな鼻緒をすげてくれる。ゲタ万の屋号は初代が万吉さんの故。ストレートだが素敵なネーミングだ。地域の小中学校の上履きや外履きも扱っている。地域密着でもある嬉しいお店だ。

  • 手焼せんべい 菊見堂

    手焼せんべい 菊見堂

    しらさぎ通りにある、昭和25年から続く手焼き煎餅の店。醤油、胡麻、海苔、辛子など全12種類ある「味の王将」ブランドの煎餅は、外はカリッと堅く、中はサクッとした独特の食感。出汁と醤油にこだわったタレには門外不出の隠し味も使っている。菊見堂は60年程前から近所の幼稚園のおやつに煎餅を届けている。ご婦人が娘と孫のためにと煎餅を買いに来た。三人ともその幼稚園に通っていたそうだ。忘れられない格別な味だと話してくれた。

    手焼せんべい 菊見堂

    手焼せんべい 菊見堂 手焼せんべい 菊見堂

    しらさぎ通りにある、昭和25年から続く手焼き煎餅の店。醤油、胡麻、海苔、辛子など全12種類ある「味の王将」ブランドの煎餅は、外はカリッと堅く、中はサクッとした独特の食感。出汁と醤油にこだわったタレには門外不出の隠し味も使っている。菊見堂は60年程前から近所の幼稚園のおやつに煎餅を届けている。ご婦人が娘と孫のためにと煎餅を買いに来た。三人ともその幼稚園に通っていたそうだ。忘れられない格別な味だと話してくれた。

コメント




商店街。MAP

  • ●住所
     ・東京都江戸川区一之江4丁目
トップへ
街てく。