門前仲町
東西線 門前仲町駅

牡丹町笑栄会

商店街一覧

桜の季節に、牡丹の町で、葡萄の酒を。

深川不動堂と富岡八幡宮の門前にある門前仲町の駅を出ると、
目の前には永代通りに面した賑やかな商店街が続いている。
永代通りの少し南に、大横川が流れている。
川端には数えきれないソメイヨシノが
薄桃色の花を川面に映して咲き乱れている。
さらに川の少し南にあるのが
牡丹町通りにある商店街、牡丹町笑栄会だ。
牡丹町笑栄会が、今日の目的の商店街。
車の通りも少ない静かな牡丹町通りを歩いて多く目につくのは飲食店なのだが、
米店、パン店、プラモデル店などの物販の個店も健在だ。
米店の店先からは蒸したての赤飯の良い匂いが漂ってくる。
パン店は自然素材の天然酵母にこだわった店だ。
通りから少し離れているが、ワインの醸造所まである。
牡丹町笑栄会には店の数こそ少ないが、個性派揃いの個店が集う。
他には無いからだろう、どの店もなかなかの繁盛ぶりである。
牡丹町という名前に魅かれて、この商店街に来てみた。
ここは江戸の昔、牡丹の花を栽培する家々が多くあったので、
牡丹町とよばれるようになったそうだ。
町名に相応しく、牡丹園も近くにあることを米屋のご主人が教えてくれた。
桜が終わればすぐに牡丹の花が咲き始めることだろう。
桜と牡丹、そして左党には葡萄の酒、がある商店街。
牡丹が咲くころ再訪したい街だ。花より酒かもしれないが・・・

案内人:小林猛樹
写真はこちら

案内人

商店街。ひと、もの、あじ

  • 米のおおはら

    米のおおはら

    深川で50年以上商いを続けている米店。日本各地のお米を取扱っているだけでなく、店先で蒸したての赤飯や、よもぎ・桜えび・のりごまなどを練り込んだ切り餅も販売している。話を伺っている最中もお客さんが二人三人と赤飯を求めてやって来た。ご常連の一人が「ここのお赤飯は本当に美味しいのよ」の言葉通り、僕も頂いたのだが、嘘偽り無く確かに美味!赤飯は毎週水曜と土曜に販売。

    米のおおはら

    米のおおはら 米のおおはら

    深川で50年以上商いを続けている米店。日本各地のお米を取扱っているだけでなく、店先で蒸したての赤飯や、よもぎ・桜えび・のりごまなどを練り込んだ切り餅も販売している。話を伺っている最中もお客さんが二人三人と赤飯を求めてやって来た。ご常連の一人が「ここのお赤飯は本当に美味しいのよ」の言葉通り、僕も頂いたのだが、嘘偽り無く確かに美味!赤飯は毎週水曜と土曜に販売。

  • 深川ワイナリー東京

    深川ワイナリー東京

    2016年に誕生したワイナリー。赤、白、ロゼ、スパークリングといった様々なワインを深川の地で醸造している。葡萄は日本各地および世界から仕入れているのだが、現在、深川での葡萄栽培にも挑戦中。醸造所の奥には、深川ワインを味わえるレストランも併設している。僕は無濾過のスパークリングワイン赤を購入。本日の夕食に頂きます!

    深川ワイナリー東京

    深川ワイナリー東京 深川ワイナリー東京

    2016年に誕生したワイナリー。赤、白、ロゼ、スパークリングといった様々なワインを深川の地で醸造している。葡萄は日本各地および世界から仕入れているのだが、現在、深川での葡萄栽培にも挑戦中。醸造所の奥には、深川ワインを味わえるレストランも併設している。僕は無濾過のスパークリングワイン赤を購入。本日の夕食に頂きます!

コメント




商店街。MAP

  • ●住所
     ・江東区牡丹2-1-8
トップへ
街てく。